スカイクロス

スカイクロス

Arrow
Arrow

ArrowArrow

Slider

※当サイト内に掲載されている文章・写真・動画は《日本スカイクロス協会》に帰属します。

1997年に京都で誕生したニュースポーツの名称です。
年齢に関係なく、高齢者も児童も障害者も一緒になってプレーできる
安全性とゲーム感覚のおもしろさが特長です。

少しの広場があれば、校庭や公園のほか、林間、草むら、丘陵、砂地、室内など
どこでも手軽に楽しめます。
用具は、中央に輪投げ用の大きな穴が空いたリング状円盤1枚です。

ルールが簡単で解りやすいので、はじめての方でもすぐに楽しめます。

大会映像

ルール

通常は約10名~14名が1組となり、いくつかのコースを回ってスコアの少なさを競います。

1、各自がスタートラインからリング(ディスク)を目標のコーンに向って投げ、それぞれリング落下地点まで行って、更に第2投目を投げる。

2、“1”をくり返しながら最後はリングをコーンに投げ入れて(輪投げ)そのコースを終わる。スタートラインから投げる順番は、直前のコースでのスコアが大きかった順とする。

3、2投目からは、必ずコーン(目標)までの距離が遠い者から順に一人ずつ投げる。2投目以後に投げるときは、まずリングの後側に立ちそれ以上コーンに近づかないようにする。

【 ノルナーの規則 】(スコア修正)
これはスカイクロス特有のルールで、コースの途中で何人かのリングが重なりあった場合、上になった人のスコアにペナルティとして1点(1投分)を加え、下になった人のスコアからラッキー点として1点を減らす。重なり方と加点または減点の具体例を図に示す。

{リングの投げ方}
リングの端をつまんで投げ出す瞬間に、スナップをきかせてリングを回転させながら投げます。
真っ直ぐ上手に投げるためには、手を離すときにリングを水平にするのがコツです。50mくらいは飛びます。

左右に傾けて投げると、フックしたり、スライスしたりしますから、巧くなるとコースに合わせて好きなように選ぶこともできます。

用具

1.リング (ディスク)
布製で直経30センチ、重さわずか50グラム弱のリング状ディスクです。そのうえに弾力性に富んでいるため、人に当たっても怪我をさせる心配はありません。空飛ぶ円盤のように40メートルも空中を滑走します。空を横切って飛ぶ美しい眺めはまた格別です。遠くまで飛ばそうとして、斜め上方向に投げると浮力がつき過ぎて失速します。投げ方の秘訣は回転させながら水平に投げ出すことです。

2.コーン  (目標ポール) 各コースの最後に行う輪投げの目標になりますが、一般には高さ約30cmの円錐状のものを用います。市販のカラーコーンも使えますが、携帯に不便という欠点があるので、スカイクロス協会では写真のような風船式コーンを採用しています。中の空気を抜くとペシャンコになり、使用する前に付属のポンプで空気を注入します。なお、これは倒しても自然に起きあがるダルマのような構造に作られています。重さは170グラムと軽量ですが、少々の風で飛ばされることはありません。
3.スカイクロス・ミニ (室内用) 暑さ1cmのウレタンフォームの両面にチリメン生地を特殊のりで貼り付けたリングです。直径12cmと20cmの2種類があります。至近距離から投げて当たっても怪我したり物を壊したりする心配はありません。 また、力いっぱい投げても数メートルしか飛ばないので、狭い室内や廊下でも全身運動として、安心して投げられます。NHKのテレビ番組やテレビ大阪などの番組で世界一安全なスポーツとして紹介されました。
4.スコアカード 競技大会において「ペア」単位で使用できるように、競技者4名分迄のスコアが記録可能なスコアカードです。競技大会以外に日頃の練習試合や月例会でも使用できます。 6コース分の結果を記録できます。コースごとに点数の計算を行い、 通例ではコースあたりの標準的スコアは約3です。 計算式 : 点数 = 投数 + 上になった回数 - 下になった回数

用具取り扱いオンラインショップ・スポーツ店

歴史

中高年の人も子供達もスポーツに縁のなかった人も、いっしょに楽しみながら体力づくりができるように作られたのがニュースポーツ・スカイクロスです。

京都大学名誉教授 万井正人博士が、体力医学研究の実績を活かして、平成9年に京都で始めたのがはじまりです。

日本スカイクロス協会も結成され、現在では北海道から九州まで全国的に広まっていています。
シルバークラブ、保育所、各種イベント時などに採用され、手軽で安全なスポーツとして好評を博しています。

大会・イベント

※大会・イベント情報が決定次第、掲載します。

リンク

資格情報

資格取得

・公認競技リーダー

・公認SC指導員

その他スポーツ